Main | March 2004 »

2004.02.23

フライパンの戦士たち

2004年現在、90歳から65歳くらいの人は、
世代的に冥王星が蟹座に入っている、
蟹座冥王星世代です。

つくづく思うのは、現代の
この物質的に恵まれた環境は、
彼らが粉骨砕身して、
家族のために活躍してきた
おかげだと思うのです。
頭が下がる思いです。

自分の周りで整っている
社会、物質流通、住居など、
当り前のように享受している私達は、
実は、たった60年くらい前には、
それらの全てが無かったことなど
知識では分かっても、実感としては
何一つ分かっていないでしょう。

蟹座冥王星世代の人々、
特に女性は、自分たちの全てを犠牲にして
家族を守って来ました。
まさに、フライパンを持つ戦士たちです。

当時の女性像から考えると、
彼女達は先進的な発想で、時代の荒波の中、
積極的に闘って来ました。
戦争で働き手を失った人も多く、
結果的に、男性と同じように活躍し、
家族を養ってきたという人も多かったはずです。

今、彼女達が私達を見ていると、
なんて勝手なことばかりしているのだろう、と
思うことでしょう。

蟹座のテーマは
「みんな、同じ。」です。
そこにカルマを示す冥王星が入っている彼らは、
家族や国家、民族に
深い悲しみと傷を持つ人が多いのです。

だからこそ、自分を投げ打って、家族のために
頑張って来た人が多いのでしょう。
しかし、その替わりに、
自分たちと同じ価値観を踏襲しないものは
全て、異質であり、異能であり、勝手なものだと
排除するという一面も持っています。

自分たちは、
自分らしく生きてはならない。
自分のために生きてはならない。
彼女たちは、そういう呪いを自分にかけています。
そして、子供たちにも、同じ呪いをかけている
というパターンもあるでしょう。

乙女座冥王星世代は、この蟹座冥王星世代を
両親に持つというパターンも多く、
彼らから呪いを全面的に受けてしまったために、
前代の獅子座冥王星世代より
非常に抑圧的な人が多いのも、
頷けるものがあるかも知れません。

もちろん、私の両親も蟹座冥王星世代です。

この呪いそのものは、
何千年も続く根の深いものかも知れませんが、
現代において、その威力を最も喰らっているのが、
彼女達なのではないでしょうか。

しかし、私は思うのです。
その当時の女性観を塗り替える程の活躍を
実は、彼女達はしていたはずなのだと。

例えば、女性が男性並みに働くということは
それまでは無かったのではないでしょうか。
私の母も、美容師という時代の先端で、
自分の能力を活かして活躍していたのです。
まさに、自立した女性の先駆者だったのです。

女性の権利を奪う。
この呪いは、とても強烈なものです。
きっと、女性という力が邪悪なものとして
排除された時代から続くもの・・・
イザナミにかけられた呪いと私は考えていますが、
しかし、何代も続く女性たちの挑戦の中で、
その呪いは、少しずつ解除されてきているのでは
ないでしょうか。

私たちの世代は、彼女達から呪い解除のバトンを受取って、
少しでもいいから、それを解除させなくてはならない。
次の世代に続けるために・・・。

フライパンの戦士たち、
あなたたちは、嘆くことは何もないのです。
胸を張っていいのです。
歴代の中でも、生え抜きの戦士たちなのだから。

そして、
私達も、それに続くことでしょう。
次の世代の礎となるために・・・。

自然の理の上に成り立っていた
男女それぞれの権利と役割を
この世界に取り戻すために・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Main | March 2004 »