« 愚者、カバンを拡げ、魔術師となる | Main | 小さな心臓 »

2004.05.23

ほにゃらら・オーダー?

20040523

最近は、ずっと6/6のセミナーに合わせて、今度発生するビーナス・トランシット(金星の日面通過)から関連して、金星や占星術などを改めて調べつつ、鑑定の仕事をしています。

その資料の中でも、特に、先日参加したいけだ笑みさんの講座(ウロボロスの占星術)で紹介された、kuni kawachiさんの「占星術概論」は、古典派のエッセンスが、これでもか、これでもか、と凝縮されていて、大変興味深く、一気に読ませて頂きました。

いや〜、正直言って難しい内容なのですが、笑みさんの講座に先に出て勉強していた成果もあってか、何とか読破することが出来ました。

難しいと言っては語弊があるかも知れません。
内容はとても丁寧で、分り易く明解に書かれています。

私自身、今まで習得したのは、あくまでも「モダン派」と呼ばれている技法であり、それに慣れているというせいもあっていか、馴染んでいない、というのが原因なのであって、本そのものものは、頭が下がるくらい丁寧に書かれています。

で、上の画像なのですが、実はこの「占星術概論」の表紙に書かれていた、カルディアン・オーダーの真似っこのようですが、実はこれ、私が、今年の4/3に、酩酊状態になりながら描き上げた図形だったりしたのでした。
この時、トランシット月は乙女座で、射手座冥王星とタイトにスクエアに向かっている時に、フラフラに緊張しながら、トランス状態になって書いたのです。

中央の六芒星は、地球そのものを示し、天動説にのっとって、10天体が周りに配置されています。

私自身、これを書き上げた時、なんかまだ納得できてなくて、だからこれは途中なのですが。
良く分らないのですが、この同心円、そして距離感が、ポイントなのかなあ、とか思いながら書いていました。

この配置が科学的にどうこう、というつもりは、全くありません。
どうあっても太陽は太陽系の中心であり、地球は惑星のひとつです。

ただ、地球に住む私たちが、主観的に天空からのエネルギーを享受する時、こういう構造が分り易いのではないかなあ、とか思っていたのを覚えています。

この天体を動かして、アスペクトを作ってもオモシロイなー、とか。

また、この場合、太陽は実は地球自身を示し、地球から見た、目標のようなものを示しています。

だからその逆には、かならず等身大の、地球ポイントっちゅーものがあるのかなあ、とか。

私はまだまだ弱輩ものですから、とてもとても偉そうなことは言えませんが、やはり土星以下の7天体の大切さと共に、土星の限界を超えるものである外天体の要素や、現代とは違うバックボーンを加味する必要が、今の私たちにはあるのではないかな、と思ってしまいます。

まあ、何はともあれ、とにかく勉強です・・・。

|

« 愚者、カバンを拡げ、魔術師となる | Main | 小さな心臓 »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7896/640281

Listed below are links to weblogs that reference ほにゃらら・オーダー?:

« 愚者、カバンを拡げ、魔術師となる | Main | 小さな心臓 »