« 無為自然 | Main | 星読みの理由 »

2005.03.09

かけがえのないもの

私たちの世代の最も深刻な問題点は、人やものを管理できる、いや、管理しなくてはならないという強制的な思い込みなのだと思う。

私も例に漏れずその世代の一人だった。自分のことはもちろん、自分の周りの全てを管理しないと納得できなかった。

昔、可愛がっていたオカメインコの「まる」。2羽のオカメを失った後に、ベストな季節を待ってついに手に入れたヒナだけに、もう喜びも愛情もひとしおだった。ヒナの時から体重を計り、その上下に一喜一憂し、栄養ある挿し餌を研究して与え、温度もサーモスタットを使用して完全に管理していた。

しかし、そのまるも今はいない。

私が関東に来て1年ほどたったある朝、カゴの中で羽と血をまき散らして絶命していた。私はその悲報を遠く離れた横浜で聞いた。

まるは、私より母になついていた。もちろん母はまるの面倒をしっかり見ていた。しかし悲劇は起こった。。

未だに原因は分らない。しかし、どうやらストレスから羽をむしっていた時、出血が酷くそれを見てショック死したのではないかと今は思っている。

これほどまでに完璧に管理していたのに、どうしてまるは死ななくてはならなかったのか。

今にして思えば、完全な管理こそが、まるのストレスだったのではないのか。

私はまるのために、まるへの愛ゆえにと思って体重を計っていた。しかしその話をある人にした時、その異様性を指摘された。

鳥がじっと体重を計るのを喜ぶ訳はないのではないのか、と。

そして、何故 そんなにグラム単位で管理しようとするのだと。

私はそれを聞いて最初きょとんとしていた。鳥にとって体重の上下は生死を左右する。食べないことは即死亡に繋がる。そう思っていたからこそ、きちんと食事をしているかどうか、私たちは毎日は計っていたのだ。

しかし、今となれば、その異常さは良く分る。

まるは、完全な過保護の中、いつしか鳥としての本能ず押しつぶされるイライラから、羽をひくようになってしまったのではないのだろうか。

乙女座冥王星は自分の全てを管理しようとする。予測不可能なものを認めず、全てを認識した上でコントロールしようとするのだ。

あたかも生物を機械か無機質のように扱うのだ。

しかし、それが物質や無機質なものならともかく、生物、有機物の全てを管理できる訳が無い。いや、物言わぬ物質・無機質なものですら、時には予測不可能な出来事があり得る。その時に慌ててそれをないものにするのが乙女座冥王星だとすると、今、射手座冥王星が突き付けているのは、それに対してのぜい弱さだろう。

管理することが目的になっている私たちは、何故管理するのかという「何故」の部分が抜け落ちている。その何故の部分に、本当に相手への愛が充当するならば、予測不可能なことや、相手の意志への尊重、自由を認める寛容さが必要になってくるのではないのだろうか。

心や意志は、コントロールできない。理屈が必要だけど、それだけでもだめ。何度も失敗し、何度も挑戦しながら、相手をねじ伏せるのではなく、相手を受け入れる努力が、私たちは他の世代以上に必要になってくるし、意識化する必要があるのだと思う。

先日、テレビで開発中のアンドロイドが映っていた。機械にも石にも命はあると私は思うが、それはもっと深遠なるものだと思う。有機質である人間や生命を受け入れることが出来ないものが、その愛に気付くことが本当にできるのか?と私は思う。

私たちはピノキオを目指して生まれて来たのだろう。しかしピノキオが勇気をもって闘い人間になれたように、私たちは人にならなくてはならない。人としての自分を認めなくてはならないのではないかと本当に思う。

せっかくかけがえのない「生命」をもってこの地球に生まれてきたのだから。

|

« 無為自然 | Main | 星読みの理由 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7896/3226667

Listed below are links to weblogs that reference かけがえのないもの:

« 無為自然 | Main | 星読みの理由 »