« March 2005 | Main | May 2005 »

2005.04.16

心の弱さを乗り越えて 〜いま、闘っている全ての人たちへ 〜

かの有名な映画、ロード・オブ・ザ・リング(指輪物語)は、本当に名作だと思います。

あの映画が素晴らしいのは、主人公のフロドが、余りにも弱い、存在でありながら、自分の器に入り切らない大きな試練を背負い、まさに、心身ともに深く傷つきながら、自分との影と誘惑と闘いながら、大きな試練を乗り越えたこと。

そして、その試練を乗り越えたことによって、以前の自分には戻れない、という残酷な現実を受け入たこと。
そして、より大きな世界へと一体化していったということ。

それを遂げたのが、屈強な戦士ではなく、私たちと全く同じ、悩み、苦しみ、時には己の誘惑に振り回され、何度も勇気を失い倒れる、一人のホビット、フロドである、ということ。


これを、ただの、架空の物語りと、思うことは簡単です。

しかし、それが例えただのフィクションであろうと、クリエイターを通して、世界に向けて送られるメッセージだとすれば。


私たちは、立ち上がらなくてはならない。

自分の、心の弱さを、受け入れて、そのうえで。

ちっぽけな私が出来ることを、考え、行動し、それが失敗しても、間違えても、出来なくても、とにかく一歩、一歩、進んでいくのです。


私も、小さな、弱い人間です。

だからこそ、大空を飛ぶことは出来なくても、地面を一歩一歩、歩いていくことができる。


いま、この世界で、どれだけ多くの人が、苦しんでいることでしょう。

時には、不条理な別れがあり

時には、どんなに言葉を尽くしても、真意が伝わらないことがあり

時には、行き場の無い怒りの劫火に焼きもだえ

時には、自分の目指す方向すら、全く見えなくなる時もあり

時には、明日の命すら分らない時もあり

時には、現実の残酷さに打ちのめされ

時には、自分の存在の全てを否定されるような体験をし

時には、後悔の海の最中に沈み込み

時には、修羅と畜生と餓鬼の魑魅魍魎の仕打ちに、誇りを失って堕ちて

何を信じていいのか、分らなくなる、そんな人がいま、多いでしょう。


しかし、信じて下さい。


私たちが、この世界に生まれたのは、
一人ひとり、役割があるからです。

その役割を全うするまで、私たちは、生きていいのです。

いえ。生きなくては、ならないのです。

その旅を選んだのも、また、自分なのだから。


それに気付いたら、少しだけ、朝は近付いています。


暗闇が深いからこそ

もうすぐ、朝は、来るのです。


来ない朝は、ありません。


そして今度は
朝日のもと、今まで気付かなかった、隣人の苦しみと悩みが見えるようになるでしょう。

その時は、あなたが、隣人に、朝が近いことを、教えてあげてください。

*****


以下に、私の「恩人」が、私のために、送ってくれた、メールから、ロードオブザリングのエンディングテーマ、エンヤの「May It Be」の歌詞を、引用します。

どんなに言葉を尽くしても、伝わらない想いがあります。

私が、どんなにこの歌に救われたか。


本当に、ありがとう。


*******
May It Be

May it be an evening star
Shines down upon you
ある時は宵の明星が
美しい輝きをあなたに注いでいる

May it be when darkness falls
ある時は夜の闇がせまる

Your heart will be true
どんな時も心の声に耳をかして

You walk a lonely road
長い道をたった独りで歩いて

Oh! How are you are from home
懐かしい故郷は今はもうはるか彼方

Mornie utulie (darkness has come)
モルニエ ウトゥーリエ(暗闇の中でも)

Believe and you will find your way
あなたは見つける自分の進むべき道を

Mornie alantie (darkness has fallen)
モルニエ アランティエ(暗闇に閉ざされても)

A promise lives within you now
あなたは光に導かれる

May it be shadows call
ある時は不吉な声が響き

Will fly away
不安に負けて勇気がくじける

May it be your journey on
To light the way
ある時は明るい光のもとにたどり着く

When the night is overcome
夜の闇を恐れずに耐えれば

You may rise to find the sun
やがて太陽が目の前に昇ってくる

Mornie utulie (darkness has come)
モルニエ ウトゥーリエ(暗闇の中でも)

Believe and you will find your way
あなたは見つける自分の進むべき道を

Mornie alantie (darkness has fallen)
モルニエ アランティエ(暗闇に閉ざされても)

A promise lives within you now
あなたは光に導かれる

A promise lives within you now
あなたは光に導かれる

| | Comments (0) | TrackBack (1)

2005.04.08

星読みの理由

最近、占星術の講座はないのですか?という有難いお言葉をちらほら頂いております。

私も常々考えていたのですが、初級というか、ベーシックなサワリくらい、少なくとも本人のチャートを読んで状態が分る程度の講座やセミナーは出来ないかなあと思っておりました。

基本的な内容のテキストを見ながら説明し、それぞれのチャートのキモとなる部分を読んで、スターゲイザーなどの占星術ソフトで、トランシットを考えるだけでも、ずいぶん違うかも知れませんね。

ただ、曲がりなりにも基本といえども、その技術を伝授するからには、その倫理をも伝える必要があるなとも私は考えています。

私の場合、星を読むのは、最初とても楽しかった。しかし途中からどんどん苦痛になっていきました。
未来をある程度予測できるというのは、楽しいことばかりではありません。そして人の運命の片鱗に触れることは、悲しみと苦痛も共有します。実際、鑑定する時というのは、皆さん切羽詰まって来られる時です。その悲しみと苦しみを、ある程度受け止め、それを昇華するのも星読みの役目の一つだと私は思います。

ありとあらゆる悲しみと苦しみを受け止めるためには、人以上の苦しみと悲しみを体験する必要があるとも思います。そのてん、私は本当にまだまだと思うこともあります。

だから本音を言えば、誰でもかれでも星読みに、とはとても私には思えません。想像以上に苛酷な職業だからです。ただ自分のチャートを知り、流れを読み取る程度ならばいいのではないかと思っております。

そのセミナーの場合、テキストも分りやすく、完全に初心者むけにするつもりです。また御興味あるかたは是非メールを下さい。

それにしても、以前私が聞いたことで、不幸な占い師が開運指南をするのはへんだよね、という事がありましたが、その時はなるほどそうかもと思っていたのですが、今にして思えば、そんなことはないかと思っております。

占い師とは本来魚座か12ハウスの世界の住人であり、それは社会から逸脱し、その世界観を解体するという役目をになっているのです。

だから占い師は、俗世間のいわゆる「幸運」というものから、最も遠いところにいて、客観的になれるからこそ、冷静になって社会を俯瞰できるし、アドバイスもできるのです。もちろん社会のルールや仕組を勉強することも必要でしょう。しかし、そこで大切なのは、例えばどんなに株式を勉強しても、占い師は基本的にそれに手を出してはいけないのだと思います。

必然的に、貧乏なのに金運を読んだり、無職なのに適職のアドバイスをしたり、独身彼氏いない歴ウン年でも恋愛の指導をしたり、ということもありえます。

ここで問題なのは、それらの「社会的幸運」に対して執着を持っていることが一番占い師としてはみっともないことなのだと思います。「満足」していないままその状態になっていても仕方がありません。そうではなくて、それらに対しての執着を手放した上で、アドバイスをすることが必要になるのだと思うのです。

易でいうと「天山遁」の上九、「肥遁」の心境ですね。山の中の仙人。

そもそも、社会のそういう部分から、心か解き放たれている状態になっていることが肝心なのです。

私はずいぶん長いこと、自分のその運命を受け入れることに抵抗がありましたが、今はとても静かに、その「役割」を受け止める気持ちになっています。まあ、まだまだですがね(苦笑)

細木氏がテレビで吠えていましたが、まああれもある意味マスコミという12ハウスの住人とも言えますが、あんなに派手に「社会」に出るのでは無く、妖怪ポストに手紙を入れたら、カラコロとげたをならしながら登場する、本物の占い師になりたいものだなあと私は思っています。

*****

最近、トランシットと歴史の対応やら、社会の政治経済の対応やらを調べたり考えたりしていると同時に、東洋の易経を読んでいるところです。西洋占星術なのにどうして東洋? 逆に日本人なのに何故西洋占星術?というのは私のなかでもジレンマでした。私は明らかに東洋的な発想と哲学思想に共鳴している人間です。しかし占星術という観点で考えると、どうしてもやはり西洋占星術のチャートのほうがしっくり来るようです。

西洋も東洋も、そもそも星の運行で考えていたという点は同じだったのではないかと思うのです。西洋のキメ細やかさで、東洋的にアスペクトの考え方ができればいいなあと思っていますが。。。

それにしても易はすごいです。これはもう神の領域に踏み込んでいるかも、と思うことがあります。

7日の朝のニュースで、笑うことで、人間の中の遺伝子で64個動くものがあるのだと報道していました。新陳代謝を促し、血糖値を下げる作用があった「笑い」。笑うというのは、物凄いことなのかも知れません。サビアンでもサインの最後から最初に抜けていくエネルギーは、「笑い」というものが必要になるのではないかと私は思っていました。

そして64というと、易の卦の数と同じだ、と、眠けが一気に吹き飛ぶ気分でした。

遺伝子のパターンと易のパターンというのは、関連性があるのではという話も本で読みました。
本当に神秘的です。

巧妙に作られた易は、実は高度な数字の魔法。そんな気がしてなりません。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

« March 2005 | Main | May 2005 »