« 星読みの理由 | Main | GW中の交通/トラインの罠、スクエアの恩恵 »

2005.04.16

心の弱さを乗り越えて 〜いま、闘っている全ての人たちへ 〜

かの有名な映画、ロード・オブ・ザ・リング(指輪物語)は、本当に名作だと思います。

あの映画が素晴らしいのは、主人公のフロドが、余りにも弱い、存在でありながら、自分の器に入り切らない大きな試練を背負い、まさに、心身ともに深く傷つきながら、自分との影と誘惑と闘いながら、大きな試練を乗り越えたこと。

そして、その試練を乗り越えたことによって、以前の自分には戻れない、という残酷な現実を受け入たこと。
そして、より大きな世界へと一体化していったということ。

それを遂げたのが、屈強な戦士ではなく、私たちと全く同じ、悩み、苦しみ、時には己の誘惑に振り回され、何度も勇気を失い倒れる、一人のホビット、フロドである、ということ。


これを、ただの、架空の物語りと、思うことは簡単です。

しかし、それが例えただのフィクションであろうと、クリエイターを通して、世界に向けて送られるメッセージだとすれば。


私たちは、立ち上がらなくてはならない。

自分の、心の弱さを、受け入れて、そのうえで。

ちっぽけな私が出来ることを、考え、行動し、それが失敗しても、間違えても、出来なくても、とにかく一歩、一歩、進んでいくのです。


私も、小さな、弱い人間です。

だからこそ、大空を飛ぶことは出来なくても、地面を一歩一歩、歩いていくことができる。


いま、この世界で、どれだけ多くの人が、苦しんでいることでしょう。

時には、不条理な別れがあり

時には、どんなに言葉を尽くしても、真意が伝わらないことがあり

時には、行き場の無い怒りの劫火に焼きもだえ

時には、自分の目指す方向すら、全く見えなくなる時もあり

時には、明日の命すら分らない時もあり

時には、現実の残酷さに打ちのめされ

時には、自分の存在の全てを否定されるような体験をし

時には、後悔の海の最中に沈み込み

時には、修羅と畜生と餓鬼の魑魅魍魎の仕打ちに、誇りを失って堕ちて

何を信じていいのか、分らなくなる、そんな人がいま、多いでしょう。


しかし、信じて下さい。


私たちが、この世界に生まれたのは、
一人ひとり、役割があるからです。

その役割を全うするまで、私たちは、生きていいのです。

いえ。生きなくては、ならないのです。

その旅を選んだのも、また、自分なのだから。


それに気付いたら、少しだけ、朝は近付いています。


暗闇が深いからこそ

もうすぐ、朝は、来るのです。


来ない朝は、ありません。


そして今度は
朝日のもと、今まで気付かなかった、隣人の苦しみと悩みが見えるようになるでしょう。

その時は、あなたが、隣人に、朝が近いことを、教えてあげてください。

*****


以下に、私の「恩人」が、私のために、送ってくれた、メールから、ロードオブザリングのエンディングテーマ、エンヤの「May It Be」の歌詞を、引用します。

どんなに言葉を尽くしても、伝わらない想いがあります。

私が、どんなにこの歌に救われたか。


本当に、ありがとう。


*******
May It Be

May it be an evening star
Shines down upon you
ある時は宵の明星が
美しい輝きをあなたに注いでいる

May it be when darkness falls
ある時は夜の闇がせまる

Your heart will be true
どんな時も心の声に耳をかして

You walk a lonely road
長い道をたった独りで歩いて

Oh! How are you are from home
懐かしい故郷は今はもうはるか彼方

Mornie utulie (darkness has come)
モルニエ ウトゥーリエ(暗闇の中でも)

Believe and you will find your way
あなたは見つける自分の進むべき道を

Mornie alantie (darkness has fallen)
モルニエ アランティエ(暗闇に閉ざされても)

A promise lives within you now
あなたは光に導かれる

May it be shadows call
ある時は不吉な声が響き

Will fly away
不安に負けて勇気がくじける

May it be your journey on
To light the way
ある時は明るい光のもとにたどり着く

When the night is overcome
夜の闇を恐れずに耐えれば

You may rise to find the sun
やがて太陽が目の前に昇ってくる

Mornie utulie (darkness has come)
モルニエ ウトゥーリエ(暗闇の中でも)

Believe and you will find your way
あなたは見つける自分の進むべき道を

Mornie alantie (darkness has fallen)
モルニエ アランティエ(暗闇に閉ざされても)

A promise lives within you now
あなたは光に導かれる

A promise lives within you now
あなたは光に導かれる

|

« 星読みの理由 | Main | GW中の交通/トラインの罠、スクエアの恩恵 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7896/3724516

Listed below are links to weblogs that reference 心の弱さを乗り越えて 〜いま、闘っている全ての人たちへ 〜:

» エンヤはいつ生まれたのか? [MY QUILT GALLERY]
 私はエンヤのオリジナルアルバムを日本版ですべて持っています。  そのライナーノートのどれを見ても1962年生まれであることが分かり、その中の「Shepherd Moon」には誕生日が9月より前ではない記述がありました。  また、「ガイアシンフォニー(地球交響曲)」の出演者プロフィールには「1963年生まれ」と書いてありました。  ケルトの1年は11月1日に始まるというので1962年の11月頃<... [Read More]

Tracked on 2005.07.20 at 21:57

« 星読みの理由 | Main | GW中の交通/トラインの罠、スクエアの恩恵 »