2005.05.01

GW中の交通/トラインの罠、スクエアの恩恵

いや〜、もう5月ですね。あっという間の4ヶ月でした。もう季節は初夏。昨日や一昨日などは関西では気温が30度を超えたということで、一足早い夏って感じですね。

お天気もいいし、ゴールデンウィークはレジャーに旅行に、という人は多いのではないかと思います。

しかし、今回のGW、どうぞ皆さん、移動には気を付けて下さい。

電車・車・飛行機・船など、あらゆる交通機関に乱れが出ることが予想されます。しかも5/1〜5は星的にも緊張していて、大事故に至らないまでも、小さなミスなどでの交通機関の遅れなどが考えられます。
スケジュールには充分に余裕をもって外出すること。電車などの少々の遅れでイライラせず、今はそういう時なのだと逆に開き直る余裕も必要です。

星で考えると、今年の春分図で、交通機関の事故やトラブルが多いというのが暗示されているので、次回の春分までは全般的にこの傾向は続くのですが、4月24日の満月は、それらを思いっきり強調し、現象として浮かび上がらせるという作用をしているようです。

5/8の新月で、かなり安定するとは思うのですが、それまでは、移動そのものは本当に注意する必要があるのではないかと思います。

先日の尼崎の電車脱線事故以来、高速バスや飛行機の滑走路の指示ミスなど、交通機関の事故やトラブルが頻発しています。また、ここしばらくの事故やトラブルを見ていると、「うっかり」ミスが顕著に出ているようです。

例えば28日午前6時10分ごろ、磐越道上りの大阪発仙台行きの高速路線バスが、中央分離帯に衝突して横転した事故は、ベテランの運転手が運転していたのにも関わらず、一瞬のわき見で事故に繋がっていたとのことです。

読売オンラインの記事内によると、

>福島県警高速隊の調べに対し、バスを運転していた運転手矢川孝昭容疑者(49)(大阪府東大阪市宝町)が「運転席隣にあるコーヒーなどの入った棚の扉が開いたので閉めようとして脇見をした」と供述。

と、あります。私たちも運転していて、一瞬だけナビを見たり、CDを出そうとちらっと前から目線を外すことがありますよね。きっとこの運転手も、その感覚だったのだと思います。

慣習どおりのルーチンワーク、その一瞬の気のゆるみをつく。全般的に流れているのは、そういう傾向だと私は見ています。

交通機関だけでなく、流通、メール、通信機器などの乱れも考えられます。PCの不調も起こりやすいかも知れません。
コミュニケーションや、言動にも乱れが出がちで、連絡もなかなかいかないなどの現象が起こるかも知れません。全般的に、やはり余裕が必要ですね。


それにしても、今回のことでつくづく思うのは、スクエアというものは確かに障害でありトラブルではあるのですが、それによって違う視点を得て、今までの弱点が分るという作用があるということです。

出来事があったとして、「それでいいじゃん」と認めてしまうのがトラインだとすると、スクエアは違う視点から「待てよ、本当にそのままでいいのか?」と疑問を投げ掛ける、そんな違いがあると思います。

特に、その天体が土星や火星、水星だとなおさらです。

自分の生まれた時のチャートにそれらの天体がからむスクエアがあると、どうしても「まっいいか」ということは出来ないと思います。それは自分の内面からかも知れないし、育った環境がそうなるのかも知れませんが、どちらにしても、Aという出来事に関して「まてよ?」と疑問に思ったり、物事を疑って考えるクセが出てくると思います。

だからどうしても悲観的になったり、狭量になりやすいという傾向があるかも知れません。

しかし、問題から逃げて放置するトラインの罠を考えると、何倍もこのスクエアには恩恵があるな、と私は考えています。

もっと言うと、トラインは木星、スクエアは土星的な役割をするものなのかも知れませんね。

今回の各種の事故やトラブルは、本当に不幸なことではありますが、この出来事をただ悲しみで思考停止してしまうのではなく、問題点を浮かび上がらせ、解消することで、2度とこんな悲しい出来事が起こらないよう、心掛けることが、生きている私たちに架せられた役割なのかも知れません。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

2004.03.22

セドナパニック?

Sedna_kidou.gif

いけだ笑みさんのサイトにも載せて頂きましたが、正直、私セドナが発見された数日は、微妙にパニックになっておりますた(苦笑)

NASAの発表で、翻訳システムにかけた文章の中で、
彗星が降ってくる??という記述が?と一瞬びっくりし、
英語の堪能な笑みさんに
「ホンマのこつどうなんでしょうか??(汗)」と
恐怖にびびりながらメールしたのですが、
笑みさんの「安心して!」と言う心強いレスに、
心底ホッとしたわけで・・。

いや〜、英語、ちゃんとできるようにならないとなあ〜〜。

ということで、上はセドナの軌道を、だいたいの範囲で
黄道12サインと対応させてみたらこーなった、という図です。
(クリックすると大きくなります)

こうやって見ていると、最も長いのは山羊座の時代と
いうことになりますね。次いで射手座、水瓶座かな。
反対に、最も短いのが蟹座時代ということになるのでしょうか。
はっきりと年数にすることは今はできませんけど、
ここまで極端なだ円形だと10倍以上は違うでしょうね〜。

ちなみに、冥王星を調べていた時に、
最も長いのは牡牛座の時代でした。31年。
セドナほど極端じゃないので、そんなに極端ではありませんが。
一番短い蠍座は11年しかありませんでした。

うん? 蠍座の守護星は冥王星なのに・・
一番短いなんておかしいなあ。

同じことがもし、仮に、
セドナにも対応できるとすると
セドナは蟹座の守護星??

セドナが大いなる母、と考えると
なんとなく納得できるかも・・・

っと、あくまでも仮の話でした。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.03.18

1万年の時を超えて、セドナ参上

痛くなったら すぐセドナ〜♪

・・・じゃ、ないってば(汗)
(どうでもいいが、
 セデスと1文字しか合っていないのに、
 何でこのギャグがスグ浮ぶんだろう・・・
 2ちゃんねるでも見かけたし・・・)

つーことで、盛り上がっている
天体・セドナ発見。

10番目の惑星か?と言われていましたが、
小惑星として落ち着きそうですね。

私は別にセドナが惑星かどうか、なんてことは
どうでもいいと思う。冥王星もしかりだけど。

それよりも、冥王星より遥かに長い軌道を持ち、
10500年かけてめぐる天体が存在していて、
それが今、発見された、ということに意味があるのだと思う。

だいたい、ここまで近くまで来なければ分らなかったし
発見されなかった天体なんですよね。

人類が現在の文明を築き上げて
有史以来、初めて体験するセドナとの接近。

私は以前から、歴史を調べていて
冥王星ではスパンが短すぎるなあと思っていました。

そして歴史や記録は、ある一定の期間以上になると、
いきなりふっつりと消えているのです。
化石として発見されている人類の軌跡を辿れば
20万年にもさかのぼれるというのに・・・。

今回セドナは、人類に、いや地球に、
いや太陽系そのものに
一体何をもたらすのでしょうか。

それでもなおかつ、凄いと思うのは、
それだけ大きな軌道を持つセドナですら、
宇宙から見ればまだまだ狭い範囲しか
移動していない、ということ。

私達がいかに小さいか、本当に思い知らされます。

ところで、セドナはイヌイット(エスキモー)達で
信じられている神話の女神です。
しかしこの神話たるや、
読めば読む程、げんなりしてしまうような内容で。

詳しいことは以下のサイトに詳しく書かれていました。

http://kotonoha.main.jp/2004/03/16sedna.html

なんつーか、このセドナって妙に親近感がありますよね(苦笑)
っていうか、今、こーゆーことを言っている人って多くないかな。
男女の区別なく。

親のスネを齧って生きていくことの安楽さにあぐらをかいて、
結婚することのしんどさに目を背けている。

って他人事のよーに言ってますが(汗)
もちろん、私も含めての話ですだよ(汗)

で、いき遅れた挙げ句、鳥人間と結婚すると。

しかし、私がセドナだったら・・・
例え相手が鳥人間でも、カラスでも、愛すると思う。

一度愛した人なら、相手がどんな存在でも愛を貫くよ。
鳥だろうが犬だろうが、妖怪だろうが宇宙人だろうが。

結局、セドナが何故、死ななくてはならなかったのか。
それは、彼女が、人として生きていなかったから。
受動的な彼女がもし人としての能動性を思い出し、
ダンナになった鳥人間と結ばれたら、
この話はもっと違ったものになったのかも知れませんね。

私は、このセドナというのは
聖と俗を象徴しているのでは、と思っております。

誰の中にでもある、最も身もフタもない部分。
それはきっと、生きる為の最後の生存本能かも知れません。

そして、それを捨てるか、いや、
それを超越できるかどうかを、セドナは問うのかも・・・。

・・・どちらにしても、私達にはスケールが大きすぎて
分らない世界ですが。

こういう物凄い節目に私達が生まれたということを
私達は認識すべきだし、受け入れるべきなのでしょう。


自分の生を、真に生きる。

人として。


これからは、それができるかどうかが、
問われる時代となるのでしょう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)