2005.03.02

無為自然

以前、山梨の水晶山に昇り、水晶を拾いにいったことがあります。

ここしばらく続いていたトレジャーストーン・ブームに乗って、水晶山の「ズリ」は、水晶を拾いに来る人で賑わっていました。

ズリとは、以前鉱山として採掘した山の砂を放置したもので、かなり足場の悪い急斜面を、貼り付くように移動して、必死で1センチにも満たない、でも美しい水晶を拾っていました。

夢中になって拾いながら、でも、剥き出しになった山肌を見ていると複雑な気分になってきました。取りに来る人もマナーが悪く、山があれると持ち主の方も怒っていました。このままだと、立ち入り禁止になってしまうかも知れません。

何人かで来ていたのですが、お昼になり御飯を一緒に食べていると、ふと、足元のキラキラした石の固まりを見つけました。

子供の頭ぐらいの大きさのそれは、小さな水晶がびっしりとついていました。おそらくもっと沢山の水晶がついていたのでしょうが、取りに来た人が叩いて取ったか、または急斜面を転がり落ちてきた時に、もげてしまっていたのか、大きなものはすっかり落ちていました。

でも何だか私はそれに愛着が湧いてきました。

時間になり、さあ帰るかという段になって、私はさっきの石をどうしようかと悩んでいました。男性がそれをもって、割ってみようとしましたが、何度落しても割れません。私はあまりにも可哀想になって、やめてくれと頼みました。そのまま持って帰ります、と。

この日、私は後で電車で一人で移動するため、5キロほどあるソレを持って帰ると言った時は、メンバーの皆は笑いました。でも私はそれにめげずに新聞にくるみリュックにつめ、背負ってえっちらおっちら、持って帰りました。

その時、蝶がひらひらと私の周りを舞ったことを憶えています。その時、私は、この石は山からの贈り物だと確信しました。

山をおりる時、電車で移動する時、それはまるでこなきじじいのように、ずんずん重さを増し、何度も放り投げようかとも思いましたが、それでも私はちゃんと持って帰りました。

猪の頭に見えるその荒々しい石は、今も私の部屋に鎮座していて、部屋の外にその厳つい顔を向け、邪悪なるものを退けています。

今日も、どうも自分の境界が甘かったようで、何かついて?きてしまったらしく、部屋に戻ったあと、物凄い勢いで足がつってねじれ、痛くて悲鳴を上げていた時、石は足の裏を乗せろと言ってくれました。

すると、どうでしょう、痛みが一気に引きました。そして、体に貼り付いた何かを、引き剥がしてくれました。

持って帰ってから、ずっとこの部屋で私を守護してくれているこの亥の頭くん。罰当たりなことに、私は彼に何もかまっていなかったのですが、確かに彼は、あの日以来、私をずっと守護してくれていたのだと、改めて認識しました。

本当はこの石は山梨の山の中で、自然の中でただ石として存在していたものを、この東京の部屋まで持って来てしまいました。
それは私のエゴです。間違い無く。

石はただの石で、誰のものでもない。私が死んだ後も、この石は石として存在するのでしょう。その時この石は、また山に戻るのかも知れません。

ただ、人間のエゴであったとしても、こうやって出会ったことは、必然じゃないのかな、という甘いことも私は考えるのです。

人間の価値観など、お構いなしのところで存在する石を見ていると、人間が選んだのではなく、石が選ぶという事は本当じゃ無いのかなあ、と私は思うのです。

無為自然、ただ、あるがままに。


ありがとう、亥の頭くん。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.03.28

石は石じゃん

私ゃ、自他ともに認める石貧乏です!
(えっへん!って威張るナー〜!)

何故、そんなに石が好きなのか?と聞かれたら
そこに石があるからです(パクリ)
もう理屈でなく、石が好きなのです。
その煌めきを見ていたら、時間を忘れるくらいに。

占星術で考えると、石を趣味とする人は
土星に対して、金星がかかる人が多いようです。
また、それをサイキックとして能動的に使う時には
土星と火星と海王星のコンビネーションが見られるようです。

また、土星のサインが牡牛座になっている場合も
石好きになる可能性があるようです。

牡牛座は土のサインであり、物質そのものを示しますから、
手に触れてしかも美しいもの、宝石から結晶まで
鉱物でも美しさがないものには食指が動かないのでは。

ちなみに私は土星のサビアンは牡羊座の「水晶占い師」
金星のサビアンは蟹座の「カッティング途中の大きなダイヤモンド」。それがスクエアで、かなり緊密に関わっているというのも興味深いところ。

双方ともに、石に関わっていますが、
自分としてはこの土星の部分は、ゴツゴツした原石や
強烈なクラックを乗り越えてのセルフヒールドを遂げた水晶に
シンパシーを感じるようです。

で、美しくカッティングされたダイヤモンドという
これまた痛みを伴う象意を持つ蟹座の金星は、サビアンの象徴以上に、土星という厳しい修行を、二重で受けているということになります。

蟹座というのは、仲間や人の心情に、自らを飛び込ませて
一体となって共感を抱くサインですが、
それを牡羊座の土星が許しません。
結果的に、仲間との共感を熱望しながら、
何度も孤独の中に打ちのめされ、その中で
コツコツと自分のダイヤをただ磨くというのが、
生きるスタンスとなってしまうようです。

金星がそこまで関わるというのも、
人によっては不思議と思われるかも知れませんが、
実は私にとって、金星とはASCのルーラーであり
魂の根元の衝動を示している重要な天体なのです。

かように、人にとって、
それぞれ何か、大切なものがあるとすれば、
その人のチャートの象意を丁寧に辿り出していけば
分ると言うことになると思います。

石だけでなく、植物や特産品など、
その天体が象徴するもの、その人にとって
キーポイントになるものを側に置くことで
何らかの活路が見い出される場合もあるでしょうし、
まあ多分、そういう大切なアイテムは、
知らないうちに、引き寄せている可能性もあります。

これが本当のパワーグッズとなるのでしょうね。

ところで、石に話を戻しますが
石というのは、特にその土地の記憶を
封印しているのではないか、と私は考えています。

すると、石だから何でもいい、という訳ではなく、
もしその人にとって石が必要ならば、その人にゆかりの
土地の石や砂があれば、効果が倍増するのではないのでしょうか。

お砂取り という行為があるそうですが、
それはまさしくその発想の元に考えられたものかも知れません。

占星術で、アストロ・カートグラフィという技法がありますが
それは、それぞれ、自分にゆかりのある土地に移動するという
考えです。ただ、そうは言っても、そう簡単に海外にあちこち
移動できるものではないでしょう。

そこで、テクニックとして、石を使うのはどうかなあと
私は考えています。
普通の石や砂より、できれば結晶化したものが最高だと思います。

ただ、そうは言っても、人によってはせっかく木星の位置が分かっても
それが海の底だったりしたらどないすねん。
という事もあるかも知れません。
まあこれはまだアイデアの段階っていうわけですが・・・。

石というのは、物凄いものですね。
特に結晶したものの波動は、並外れたものがあるでしょう。
人の想いや念いなど、簡単にはね除けて
しまうだけのものがあるでしょうし、
人が自分のサイキック・パワーを使って、
何らかの想念を入れたとしても
本当の石の力はそれで曇るわけがない。

正直、そういう売り方をする人には
個人的に、言いようのない怒りを覚えます。

もちろん、想念によって、
何らかの影響を受けるのは間違いないでしょうが
それによって影響を受けるのは石を持つ人間だけ。

石は石じゃん。
本気で私は思うのです。

石と人との相性は確かにありますが、
それをねじ曲げようとするのは、人間のエゴだと。
そしてそのエゴに、影響されるのは真っ平だと私は思うのです。

何より、石に対して、失礼だと思うのですが。
どうでしょうかね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)